お部屋探しは新築物件のチェックから!?メリットを把握しよう

新築物件なら退去時の清算が楽です

賃貸物件を借りた際には、未来永劫住むわけではなく、必ず退去時期がやって来るでしょう。退去時に自分でキズを付けてしまった部分は原状回復義務を負うので、清算時に必要な費用を支払うことになります。中古物件の場合には、入居時の状態を写真撮影して保存しておかなければ証明出来ないので、清算時に余計な費用を請求されないか注意を払わなければなりません。新築物件に入居していれば、オーナー側と入居者の負担区分が明確となっているので、安心して借りられます。

入居者が同じ時期に入るので立場が平等になります

賃貸物件へ入居した時にありがちなこととして、既に独自のローカルルールがマンションやアパートで成り立っているために、後から入居した人は黙って従うしか無い状況に陥りがちです。しかし、新築物件ならば入居時期はほぼ同時期のため、互いに立場は平等ですから理不尽なローカルルールを設定される云われはありません。対等な立場で交渉が出来るので、面倒な人間関係を嫌う場合には新築物件を狙って入居すると手間が省けて良いでしょう。

設備の故障を心配する必要が無いので安心

新築物件に入居した時に、中古設備が付いていたら入居者から文句を言われてしまうので、新品で揃えることが一般的です。例外としてプロパンガス屋が用意する給湯器については、中古品を平気で設置されることがあるので、そもそもプロパンガス物件は選択しないことが望ましいです。新品の設備が揃っている新築物件では、設備故障の心配をする必要が無いので、入居時期を選ぶ必要は少ないです。中古物件で真夏に入居してエアコンが故障していたら日常生活に支障が出るでしょう。新築物件は生活を始める際に一緒に安心が付いてくるわけです。

函館市にある元町は、定番の観光地として知られていますが、住宅地も多く商業施設も多数あります。そのため、元町の賃貸住宅は生活環境が良く暮らしやすいことでも知られています。